【自作PC】動画できる自作PCを作ろう!

パソコン
パソコン

はじめに

この記事は始めて自作PCを作ろうと意気込んでいる素人が書いています。

もしも、間違えがあればコメントくだされば訂正させていただきます

作りたいパソコンの用途を考えよう

自作PCを組みたいときに何に予算を回すか考えることが必要です。

予算を気にせず組める人はスペックの高いパーツをそろえれば良いと思いますがそんな人はごく一部のはずです・・・(/_;)チクショウ

1,ゲーミングパソコン
2,クリエイターパソコン(写真、動画編集メイン)
3,低予算で組めるパソコン(youtube,officeの使用がメイン)
4,個性的なパソコン(光ったり、オリジナリティーを求める人)

一応クリエイターパソコンを作ってみようと考えていますが、どのパソコンを組むにしろ基本は同じで選ぶパーツが違うだけですのでそれぞれの用途に合わせて作って行きましょう。

パソコンの構成要素

パソコンを組む前に必要なパーツを覚えましょう

CPUCPUクーラーマザーボードメモリグラフィックボードストレージ(SSD/HDD)PCケース電源ユニット光学ドライブLEDパーツ周辺機器の必要アイテム

※赤色のパーツが必ず必要です。

 青色のパーツは必要に応じて必要です。

パーツ選びの順番

1.CPU
2.CPUクーラー
3.マザーボード
4.メモリ
5.グラフィックボード
6.ストレージ(SSD/HDD)
7.PCケース
8.電源ユニット
9.光学ドライブ
10.LEDパーツ
11.周辺機器の必要アイテム

パソコンを選ぶ順番です。

始めにCPUを選びCPUが設置できるマザーボードを選ぶが基本になってきます。

使用目的によってメモリやグラフィックボード、その他の必要なパーツを選択をしていきましょう。

構成パーツの役割

必要なパーツの名前がわかったところでそのパーツの役割を簡単に覚えていきましょう!

・役割(超簡単)
・メーカー
・特徴
以上について簡単に書きますので詳しく知りたい人は
メーカーやパーツの名前で検索してください。

CPU(中央演算処理装置)

パソコンの性能を決める重要なパーツ

・役割(超簡単)
 ・パソコンの性能を決める重要なパーツ
 ・CPUが高性能な程パソコンの動作が速い!
・特徴
 ・パソコンの頭脳、使用目的にそって選ぶ必要があります
 ・CPUを選ぶ際は「コア数」「スレッド」「クロック(周波数)」
  を知っておく必要がある
・メーカー
 ・Intel(インテル)Core シリーズ
 ・AMD(エーエムディー)Ryzen シリーズ
  2社のみ製造

CPUクーラー

・役割(超簡単)
 ・CPUを冷やすやつ
・特徴
 ・CPUはかなりの熱量があるのでオーバーヒートしないようにする
  必要がある。
 ・オーバーヒートによる処理速度の遅延防止および破損の防止に必要。
 ・CPUクーラーは始めに付属していることもあるため必ずしも必要とは限らない。
 ・空冷と水冷がある
・メーカー(たくさんあるよ)
 ・サイズ
 ・DEEPCOOL
  ・Corair(コルセア)
 などetc
 

マザーボード

・役割(超簡単)
 ・CPUなど主要パーツを取り付け連携させるためのパーツ
・特徴
 ・CPUを設置する場所の規格(チップセットが重要)ある。
 ・IntelとAMDのCPUメーカー、CPU世代によってチップセットが違う
 ・3種類のサイズがある(ATX,MicroATX,Mini-ITX)
・メーカー
  ・ASUS
 ・MSI
 ・GIBABYTE
 ・ASRock
  などあるがメーカーで選ぶよりチップセットやサイズで選ぶことの方が重要!

メモリ

・役割(超簡単)
 ・CPUの能力を発揮するために重要なパーツ
 ・メモリが高性能なら複数の処理を素早く処理できる
・特徴
 ・メモリを選ぶときはマザーボードの対応状況をチェック
 ・4GB,8GB,16GB,32GBと数値が高いほど高性能で高価
 ・一般的な使い方なら4GBもしくは8GBで十分
 ・ゲームがメインなら16GB以上が望ましい
 ・クリエイティブ系なら32GB以上望ましい
・メーカー
 ・CFD販売
 ・Corsair(コルセア)
 ・シリコンパワー
 などetc

グラフィックボード

・役割(超簡単)
 ・映像をモニターへ出力するのに必要
 ・ゲームをする際は超重要
・特徴
 ・CPUに内蔵されているものもある(一般的な使い方では純正で十分)
 ・RyzenとF付きのCoreシリーズはグラフィックボードが別途必要
 ・GPUという頭脳と作業するメモリを中心に構成されている
 ・ハイスペックなものは超高額、入手困難な場合も
・メーカー
 ・NVIDIA(エヌビディア)
 ・AMD

ストレージ

・役割(超簡単)
 ・システムファイルやデータを保存する場所
・特徴
 ・SSDとHDDの2種類がある
 ・SSDの方が早くて高額
 ・SSDは「M.2」と「2.5インチSATA」がある
・メーカー
 ・サムスン
 ・クルーシャル
 ・CFD
 などたくさんのメーカーで内部、外部のストレージを作っています。

PCケース

・役割(超簡単)
 ・パソコンパーツの保護や見た目で個性を表現できる
・特徴
 ・マザーボードやCPUクーラー、グラボなどの規格、サイズに合わせる必要がある。
・メーカー
 ・Corsair(コルセア)
 ・FractalDesign(フラクタルデザイン)
 ・COOREMASTER(クーラーマスター)
 ・SILVERSTONE(シルバーストーン)
  などたくさんあります。

電源ユニット

・役割(超簡単)
 ・必要な電力の供給
・特徴
 ・使用するパーツの総電力量より多い電気を供給出来る能力が必要
 ・CPUやグラフィックボードの補助電力用ケーブルを確認
 ・PCケースに収まる大きさに注意
・メーカー
 ・ANTEC(アンテック)
 ・Corsair(コルセア)
 ・玄人志向(クロウトシコウ)
 ・Thermaltake(サーマルテイク)

光学ドライブ

・役割(超簡単)
 ・CDやDVD,BDを取り込むのに必要
・特徴
 ・ここ数年では付属しないモデルが多数ある
 ・内蔵でなく外付け可能
 ・内蔵した場合5インチベイ搭載PCケースか確認する必要がある。
・メーカー
 ・バッファロー
 ・IODATA(アイオーデータ)
 ・ロジテック
 ・ASUS(エースース)

まとめ

簡単にまとめました。

PC作りは趣味性の高いものなので個性をだしたりとことんとスペック重視にしてみたりと楽しみながら作っていきましょう。

自作することで知ることもたくさんあると思います。これからのPCライフを充実するために一度自作してみてはいかがでしょうか?

また、誤った情報や古い情報などは訂正いたしますので下記のコメントボックスまたはTwitterにて連絡いただければ大感謝ですm(_ _)m

ふみをフォローする
BentStudio

コメント

タイトルとURLをコピーしました