四国最南端「足摺岬」七不思議とか弘法大師の爪書きとか

写真・動画
写真・動画自動車

蒲生田岬、室戸岬ときて次は足摺岬(あしずりみさき)へ行きます。

道も綺麗に整備されていて子供、お年寄りでも楽しめる場所です。

ふみ
ふみ

この日も天気に恵まれた!

地平線がはっきりだ

しろ
しろ

ほんとね

今回の旅は天候に恵まれたわね

ふみ
ふみ

写真映えもすごい

写真撮るようになってわかるけど

太陽の日の魅力はなんとも言えない

神秘を感じる

しろ
しろ

この時点で家を出発して600㎞くらい走ったわよね

かなりドロドロなんだけど写真は綺麗に見えてるわね

ふみ
ふみ

ごめんなさい

帰ったら綺麗に洗車するから

しろ
しろ

こんな長距離走ったことなかったから楽しかったし許してあげる。

その代わり帰ったら綺麗に洗いなさいよ

ふみ
ふみ

ありがと~

しろ
しろ

楽しみにしてるわ

それじゃ足摺岬の紹介お願いね

足摺岬ってどんなとこ?

足摺岬は高知県土佐清水市にある四国最南端の岬です。

岬の西の臼碆は、黒潮本流が直接ぶつかる全国でも唯一の場所。展望台が2ヵ所あり、どちらも視界は270度 (東は足摺岬から西は叶崎までの海岸美が一望できます)。彼方にのぞむ水平線がアーチ状に見え、地球が丸いことが実感できます。”土佐清水市観光情報”より

ふみ
ふみ

それにしても足摺って何でそんな名前なんか付けたんだろう?

しろ
しろ

ふっふーん

しょうがないから教えてあげるわ

ふみ
ふみ

センセー

よろしくお願いします。

足摺岬の名前の由来

しろ
しろ

足摺岬の名前の由来はいくつか諸説があるの

1、空海が足を引きずりながら歩いた

2、天狗が足を引きずりながら逃げ出した

3、ある修行僧がお供の小坊主に先を越されて足摺をして泣いた

と言う説ね。

ふみ
ふみ

いろんな説があるんだね

しろ
しろ

空海が足を引きずりながらあるいたと言う説は

しろ
しろ

有縁の地を求めるため、空海が唐より帰朝する船から投げた五鈷杵(金剛杵)がこの地に飛来。それを探しに来た空海が、難路のために足を引きずって辿り着いたという話から来たものよ

ふみ
ふみ

四国は本当に空海さんゆかりの地だね

いろんな場所で空海と言う文字を見た気がする。

しろ
しろ

天狗が足を引きずりながら逃げ出した と言う説は

しろ
しろ

「天狗」は昔今で言う修行僧を指していたみたいなの

鎌倉時代に書かれた「問わず物語」に天狗(修行僧)が

足を摺って逃げ出したと言う話があってそこから来たんじゃないかって

言う説ね

ふみ
ふみ

へー天狗って修行僧のことを指していた時代もあったのか

勉強になるわ~

しろ
しろ

ある修行僧がお供の小坊主に先を越されて足摺をして泣いたと言う説は

しろ
しろ

あるお坊さんとそのお供の小坊主の話で

簡単に話すと頑張って修行していたお坊さんが小坊主に先を越されて

地団駄を踏んだって話から来たそうよ

しろ
しろ

ちなみに足摺は辞典では

身をもがき、じだんだを踏むことよ

ふみ
ふみ

足摺って足を引きずることじゃなくって

本当はじだんだを踏むって意味なんだ

足摺七不思議

足摺岬には弘法大師が建立した四国八十八ヶ所第三十八番札所「金剛福寺」があり、それにまつわる数々の「不思議」が遊歩道沿いに点在しています。それを総じて「足摺七不思議」と呼んでいます。足摺岬灯台や椿のトンネルを通る遊歩道沿いにありますのでぜひ見つけて下さい。
※七不思議とは、不思議が七つあるという意味ではなく、多くの不思議があるという意味です。

ふみ
ふみ

今回行ったのは七不思議の一つ

「地獄の穴」

ふみ
ふみ

1円玉で試してきたよ

チャリン~チャリン~ガチャンだった。

しろ
しろ

地獄の穴の他にも

しろ
しろ
  1. ゆるぎ石
    弘法大師が金剛福寺を建立した時発見した石。乗り揺るがすと、その動揺の程度によって孝心をためすといわれています。
  2. 不増不滅の手水鉢
    賀登上人と弟子日円上人が補陀落に渡海せんとしたとき、日円上人が先に渡海していったので非常に悲しみ、落ちる涙が不増不滅の水になったといわれています。
  3. 亀石
    この亀石は自然石で、弘法大師が亀の背中に乗って燈台の前の海中にある不動岩に渡った亀呼場の方向に向かっています。
  4. 汐の満干手水鉢
    岩の上に小さなくぼみがあり、汐が満ちているときは水がたまり、引いているときは水がなくなるといわれ、非常に不思議とされています。
  5. 根笹
    この地に生えている笹はこれ以上大きくならない笹だといわれています。
  6. 大師一夜建立ならずの華表
    大師が一夜で華表(とりい)を造らせようとしたが、夜明け前にあまのじゃくが鳥の鳴真似をしたため、夜が明けたと勘違いし、やめたといわれています。
  7. 亀呼場
    大師がここから亀を呼び、亀の背中に乗って前の不動岩に渡り、祈祷をされたといわれています。
  8. 大師の爪書き石
    これは弘法大師の爪彫りといって、「南無阿弥陀仏」と六字の妙号が彫られています。
  9. 地獄の穴
    今は埋まっていますが、この穴に銭を落とすと、チリンチリンと音がして落ちて行き、その穴は金剛福寺付近まで通じるといわれています。

”土佐清水市観光情報”より

灯台とかジョン万次郎とかの写真

ふみ
ふみ

次はいよいよ最後の岬

一番のお気に入り佐田岬

全部良かったけど最後に行っただけ感動が強かった

ふみをフォローする
BentStudio

コメント

タイトルとURLをコピーしました