拡張子とは?写真、画像でよく使う拡張子の特徴のまとめ

編集関係

拡張子とは、保存したデータ、ファイルを識別し適切なアプリケーションで使用するための文字列

パソコンで画像データを読む時に名前の後ろに「.jpeg」「.png」の文字列を見たことはありませんか?

「.〇〇」のことを拡張子と呼びます。拡張子はデータ、ファイルをパソコンで見たりインターネットにアップするために必要なものです。

それぞれの拡張子に特徴があります。この記事では写真や画像でよく使う拡張子の特徴について紹介します。

画像でよく使う拡張子

画像を保存するときの拡張子の特徴を紹介していきます。

画像の編集をするときには拡張子の特徴は知っていた方がいいので気になる人は是非覚えてみてはどうでしょうか。


JPEG形式(拡張子:jpg/jpeg)読み方「ジェーペグ」

特徴
  • 絵や写真のようなフルカラー画像の保存に適している
  • 汎用性が高い
  • 画質はまずまず
  • データを高圧縮し容量の削減が可能
  • 圧縮すればするほど画像は劣化していく
  • 非可逆圧縮のため低画質で保存すると元の画質には戻らない
  • 拡張子はjpg/jpegどちらも同じ

画像の保存で最もよく使われている拡張子。

汎用性も高く便利だが画像は劣化することに注意が必要!


RAW形式(拡張子SRF/NEF/ORF/CR2など)読み方「ロウ」

RAWとはカメラで撮影された「生のデータ」の状態のことです。

各メーカー(ソニー、キャノンなど)によって拡張子が異なります

特徴
  • 画像の劣化がない
  • 画質は良い
  • データ量が多い
  • 編集前提で保存されている。
  • RAWで保存されているデータは専用のソフトがなければ見ることができない
  • 汎用性は乏く現像しなければPC、スマホで見れない

RAWデータは編集前提。データ量も多いが他の拡張子と違い編集できる範囲が広い。

編集することが前提ならRAWで保存することをオススメしますがスマホなどで友達にパッと見せることができないので注意が必要。


TIFF形式(拡張子:tif/tiff)読み方「ティフ」

画像を保存する拡張子だがカメラの保存形式にはあまり使われていない

特徴
  • 無圧縮のため画像の劣化はない
  • 画質は良い
  • RAW形式よりデータサイズが大きい
  • RAW形式より調整できる範囲は狭い
  • JPEGの高画質化とRAWよりデータが多い割に調整できる範囲が狭いため使われることが少なくなってきている。

GIF形式(拡張子:gif)読み方「ジフ」

ロゴや、アイコン、簡易なイラストのような色味の少ない画像に適している画像形式です。

特徴
  • 最大256色で表現される
  • 可逆圧縮で一度低画質で保存しても元の画質に戻せる
  • アニメーションが作れる
  • 色の透過が可能

Webブラウザでよく使われています。


PNG形式(拡張子:png)読み方「ピング」

jpegとgifの良いとこどりをした保存形式

特徴
  • フルカラー1670万色を扱える
  • 可逆圧縮で低画質で保存しても元の画質に戻せる
  • 色の透過が可能
  • jpegやgifより若干データ容量が重い

カメラでよく使う拡張子はjpegとraw

今回は撮影知識というより編集するときに必要な知識の紹介になりました。

たくさん種類のある拡張子ですがカメラでよく使う「jpeg」と「raw」の特徴は覚えておいて損はしません。

カメラで写真を保存するときにはこのjpegとraw形式を選ぶことになります。

編集前提で撮影するときはraw形式で保存。気軽に友人とシェアするときは汎用性の高いjpegで保存するようにしましょう。

またはjpegとraw両方で保存することもできるので時と場合で使い分けることもできますので今自分の写真が何で保存されているのか知らない人は一度カメラの設定の確認を。

Bをフォローする
Bent Studio

コメント

タイトルとURLをコピーしました