AF(オートフォーカス)って何?なんで何種類もあるの!?AFの種類と選び方

撮影知識

AF(オートフォーカス)カメラがピントを合わせてくれる便利機能!でも種類や設定がややこしくてわからない・・・といった悩みを持っている方は少なくないと思います。

被写体や撮影シーンによってAFを使い分けてカメラライフを充実させていきましょう。

AF(オートフォーカス)の種類

AF一覧
  • AF-S(シングルAF)
  • AF-C(コンティニュアスAF)
  • AF-A(AF自動切り替え)

AFにはAF-S、AF-Cとその切り替えをカメラが判断しくれるAF-Aがあります。

簡単にAF-S、AF-Cの違いを説明するとピントの位置を固定するかしないかの違いです。

AF-Sはシャッターを半押で被写体にピントを合わせるとそこでピントが固定され、AF-Cはシャッター半押しでピントを被写体に合わせたらその被写体が動いてもピントを合わせ続けてくれます

AF-Aはカメラが被写体が動いているか静止しているかを判断しAF-SとAF-Cを自動で切り替えてくれる機能です。

AF-SとAF-Cはどう使い分けるの?

AF-SとAF-Cの違いは一度決めたピントの位置を固定するかしないかです。

AF-Sでピントを固定する状態をフォーカスロックと言います。

AF-Sを使うメリット

被写体にフォーカスロックしているのでフォーカスエリア外に構図を変更することが可能

風景やポートレートのように止まっている被写体に向いています。

AF-Sを使うデメリット

ピントがロックされているため被写体との距離が変わった場合ピントがずれる!

ピントを合わせている距離を決定しているのでカメラの動かし方でもピントがずれる可能性があるため注意いが必要!

AF-Cを使うメリット

常に被写体にピントを合わせてくれているため被写体が動く場合に有効

動物やスポーツ撮影、子供の様な常に動き回っている被写体の撮影に向いています。

AF-Cを使うときのデメリット
  • 狙ったピント位置からずれることがある
  • AF-Sと比べるとピントの精度が劣ることがある

AF-Cは便利で使いやすいですがカメラがピント位置を決めてしまうためメインの被写体を目立たせたい時やボケを使った表現したい時にイメージとは違ったものになることがあります。

AF-Aのメリット、デメリット

AF-A(AF自動切り替え)はカメラが自動でAF-SとAF-Cを切り替えてくれる機能です。

メリットはAF-SとAF-Cを自動で切り替えてくれること!

デメリットは必ずしも正しい切り替えができないことです。カメラ任せなので自分が使いたいAFではない時がありピントがずれてしまうことがあるのであまり過信しないように注意が必要。

Bをフォローする
Bent Studio

コメント

タイトルとURLをコピーしました