GT-R34 Z-tune

GT-R34 Z-tune

アオシマ1/24 GTーR(BNR34)Z-tune 完成

R-34GTRニスモZ-tuneのカーモデルが完成しました。完成画像をメインでブログにしています。いつもの拙い文章もないので気軽に見に来てください。キャンディー塗装の方法や、製作過程などもあげていますのでブログカテゴリーでGTRー34Z-tuneをクリック!!
GT-R34 Z-tune

GT-R34 シャーシ編③

シャーシ組み立て完成。マフラーもチタン風に塗装してみました。キャンディー塗装に挑戦したことによって表現の幅が増えた。チタン塗装もその一つ初めてにしては上出来だと自己満足しています。 キャリパーもSTIのキャリパー色に挑戦してなんちゃってSTIキャリパーになっています。
GT-R34 Z-tune

GT-R34 Z-tune ボディ塗装編③

R34GTRの窓枠を黒にしたかったのでマスキングして塗装しましたが失敗。黒の塗料がボディカラーを侵食。修正のために部分塗装をしてみました。 部分塗装の結果は失敗に・・・なのでどこがダメだったのか?次はどうすれば良いのかを自分なりに考えて書きました
GT-R34 Z-tune

GT-R34 シャーシ編②

プラモデル初めてまだまだ知らないことばかりのド素人です。そんなド素人でもポイントをつかめば綺麗な塗装ができるようになります。前回の失敗を踏まえてめげずにリベンジ。自分なりのポイントを紹介しつつ書きましたのでキャンディー塗装ってどうすれば良いの?という方の参考になれば幸いです。
GT-R34 Z-tune

GT-R34 シャーシ編①

内装が終わりボディも細かい修正はあるけどだいたい完成に近づいてきたので残りのシャーシ編突入。内装やボディと違ってシャーシはあまり好きじゃない・・・飾ったときに見えないしね。 なのであまりこだわらずサクってやっちゃおうと思います。やっているうちに凝るかもしれないですけどね(笑)
GT-R34 Z-tune

内装編② 完成

内装編いよいよ完結です。作っていて意外と楽しかったな。ミニチュア作ってるみたいでした。もっと質感とかあげられるようになりたいけど今はこれで大満足。 後は外装がイメージとは遠いので修正かけてます。シャーシは全く進まずですがぼちぼち手を入れていこうと思います
GT-R34 Z-tune

GT-R34 Z-tune 内装編①

ボディの塗装が一段落してぼちぼち内装の塗装をしていこうと思います。こっからは小さしパーツが多くエアブラシと筆塗りの両方を使って塗っていきます。 見えない部分も多いパーツですが本物をイメージして作っていこうと思います。
GT-R34 Z-tune

GT-R34 Z-tune ボディ塗装編②

メタリック塗料のつもりでメタル塗料を塗布。初心者にありがち?なミス 仕方ないのでそのままメタル塗料の上からクリアカラーを塗っていきます。果たしてキャンディ塗装のような輝きはあるのでしょうか
GT-R34 Z-tune

GT-R34 Z-tune ボディ塗装編①

塗装のイメージも出てきた。重厚感のある紫がいい。そこではじめはメタリック塗料を使った紫に使用と思っていたのですがキャンディー塗装も綺麗。いままで塗料の重ね塗りもしたことがなかったので始めてキャンディー塗装をしていこうと思います。そして下地処理が甘いと塗装にどのような影響があるかも紹介していきます。
GT-R34 Z-tune

GT-R34 Z-tune 下地処理編

スジ彫り等によりついた細かい傷やヒケを処理するために捨てサフ吹いて神ヤスの400番から番手をあげて1000番まで磨き上げました。 大変だけどこの処理をしないと綺麗な塗装は出来ないので無心で磨き上げ。下地が終われば本格的に塗装に入るので何色にしようか考え中です。
ふみをフォローする