GT-R34 Z-tune 下地処理編

GT-R34 Z-tune
GT-R34 Z-tuneプラモデル製作

やっと接着、スジ彫りがおわり

今回はスジ彫りや細かい傷、ヒケ等を消すためにサフ吹いて磨くまでやりました

Mr.サーフェイサー500

スジ彫りで傷だらけのボディとヒケ処理のために捨てサフを吹きました

サフ吹いたけど写真じゃわからない(笑)

エアブラシは買っておいて良かった

エアブラシ無ければここまでプラモデルにはまることはなかっただろうな

吹くのは楽しいけどこっからは地獄の研磨のお時間

地獄の研磨

研磨するのも楽しいっちゃ楽しいけどやっぱり地味な作業

休憩多めで3時間程度かかりました

かなり雑(笑)とりあえずエンブレムなどの突起を消さないようにだけ気をつけて

神ヤスの400番、600番、800番、1000番と削ります。

800番くらいまでで良いかなと思いつつ1000番まで磨きました。

くぼみとか隙間にうっすら残るサフが好きなんですよね

なんか漫画に出てきそう(そう思うなは自分だけか笑)

手が遅いのでこの作業で一日終わり

休みがあっという間に終わってしまった。

ミラーとGTウイング仮で設置

ミラーを接着してから塗装するか塗装してから接着するか考え中です。

ミラーの接着めんどくせぇ

なんか接着が塗装面にいたずらする予感なので接着してから塗装しようかな

おまけ

マスキングに便利かと思い買ったMr.マスキングゾルNEO

とりあえずハンドルをマスキング

これで上手くいけばシートの塗り分けとかに使ってみたい

塗って剥がせるマスキング液

剥がしやすいゴム系素材採用

らしいですね

初めて使った感想はどれくらい薄めれば良いのかわからず写真みたいにムラっ気たっぷり

でもこれでマスキング出来るようになればかなり効率があがりそうだ

乾燥したら半透明に

30分くらいで乾燥するみたいですけど

塗ってら放置して寝てたので正確な時間は未確認

触った感じはプニプニしていて手で簡単に剥がれそう

色塗ろうかと思ったけど疲れたのでここまでで今日はおしまい

塗装終わってから評価することにしよう

ふみをフォローする
BentStudio

コメント