GT-R34 Z-tune ボディ塗装編①

GT-R34 Z-tune
GT-R34 Z-tuneプラモデル作品

ようやく下地処理おわった

いよいよ塗装していきたいと思います

イメージは重厚感のある紫

使う塗料はMr.カラーのクリアカラーGXバイオレット

キャンディー塗装

ネットで良い感じの紫を探していたらキャンディー塗装の紫がかっこ良かった。

塗装についてはっきり言って無知

メタリック塗装とキャンディー塗装の違いもわからなかった

おそらく

メタリック塗装:メタリック塗料を使った塗装

キャンディー塗装:メタリック塗料の上に 

         クリアカラーを重ね塗りする塗装

手順

1層目に、光沢黒を塗装。
ex)EX-ブラック、アルティメットブラック

2層目に、メタリック塗装。
ex)各種シルバー、ゴールド塗料

3~5層目に、クリアーカラーを塗装。
ex)クリアーレッド、クリアーグリーン

※クリアーカラーは重ねるほど、色が濃くなる。

このサイトを参考に今回はキャンディーパープルをやっていこうと思います。

光沢黒の塗装

使う塗料はサイト通りガイアノーツのEX-Black

さっそく塗っていきます

一回目は薄く塗料を吹きかけていく

写真ではまだ黒には見えないですね

3回塗った真っ黒に

黒光りして格好いい

下地に問題発生

ここで問題が発生

1000番台まで磨いたつもりだったが目立つ傷が・・・

このまま次の色を塗装してもこの傷は消えないだろうな

とりあえずコンパウンドで消してみよう

紙やすりだと磨きすぎてしまいそうで怖い(笑)

十分乾燥させて

コンパウンド

3000番で磨いていきました

こういうときって何番使えば良いんだろう?

ツルツルにしすぎるのも良くないのか

とりあえずこんな感じで磨きおわり

2層目のカラー塗ってみてまだ目立つようならもっと磨いていくことにします。

ふみをフォローする
BentStudio

コメント

タイトルとURLをコピーしました