肝障害による黄疸について

WORK
WORK

どうも、管理人ふみです。

今回はタイトルあるように肝障害による

黄疸について解説していきます。

医療系の個人ブログってなかなか厳しいですね

googleのSEO健康アップデートの影響みたいです。

めげずに自分の勉強のために記事は書いていくつもりですが

もっと看護の経験や知識を活かした文章作りができれば読んでくれる人も増えるかなぁ

と思う今日この頃です。

では早速本編に移りたいと思います。

黄疸とは

目や手足の裏、爪が黄色くなる病気です。

原因はビリルビン代謝異常により体内にビリルビンが溜まることです。

体が黄色くなる以外にも

  • 尿が紅茶のように濃くなる
  • 便が白っぽい
  • 体がムズムズ痒くなる

などの症状がでます。

黄疸の原因ビリルビンについて

ビリルビンは赤血球が破壊されたときに出てきます。

赤血球の寿命は120日ぐらいです。

寿命に達した赤血球は脾臓にで分解されます。

ヘモグロビンという物質はご存知でしょうか?

ヘモグロビンは酸素と結合しやすく肺で取り入れた酸素を体全体へ運ぶ重要な成分です。

そのヘモグロビンが分解されると

  • ヘム
  • グロビン

という物質に分解されます。

ヘムには鉄が結合しています。

鉄は体にとって貴重な物質であり吸収効率がとても悪いため再吸収する必要があります。

ヘムから鉄を取り除いた後の物質が

間接ビリルビンと呼ばれるビリルビンです

グロビンはタンパク質なのでアミノ酸へとかわります。

間接ビリルビン

ビリルビンを肝臓で処理し体外に排出したいのですが

間接ビリルビンはある物質と結合しないと肝臓に運ぶことができません。

その物質とは血漿タンパク質の一つである

アルブミンです。

アルブミンと結合した間接ビリルビンは肝臓へ運ばれ処理されます

直接ビリルビン

間接ビリルビンは肝臓で処理されると直接ビリルビンと呼ばれるようになります。

ちなみに間接ビリルビンを直接ビリルビンに変える処理には名前があり

グルクロン酸抱合とよばれます。

グルクロン酸抱合された間接ビリルビンは水に溶けやすい直接ビリルビンへと変わり

胆汁へと変えられます

直接ビリルビンは皮膚を刺激し掻痒感(かゆみ)を発生させる原因ともなります。

間接ビリルビンと直接ビリルビンの違い

違いを簡単に解説すると

  • 間接ビリルビンは、肝臓で処理される前のビリルビン(水に溶けない)
  • 直接ビリルビンは、肝臓で処理された後のビリルビン(水に溶ける)
  • 間接ビリルビンは直接ビリルビンになり直接ビリルビンは胆汁の成分になる

というわけです。

黄疸の種類

黄疸には3種類に分けられます。

  • 溶血性黄疸
  • 閉塞性黄疸
  • 肝細胞性黄疸   です

では、黄疸の原因はビリルビンでしたね?

それぞれの原因となるビリルビンはどれかわかりますか?

溶血性黄疸

溶血性黄疸とは、赤血球が大量に破壊されることによって

間接ビリルビンを直接ビリルビンに変える処理が間に合わない状態で発生する

黄疸です。

つまり、間接ビリルビンが増加します。

原因としては

  • 脾臓の機能亢進
  • 肝機能の低下 などです

閉塞性黄疸

閉塞性黄疸とは、 直接ビリルビンまたは、胆汁が十二指腸へ流れ出れなくなるため

体内に溜まってしまう黄疸です。

この場合は直接ビリルビンが増加します。

胆汁が十二指腸まで流れる管のことを胆道と呼びます。

以前のブログで胆道について詳しく書いているのでぜひ参考にしてみてくだい。

胆道閉塞の原因

  • 総胆管結石(一番多い)
  • 胆道がん
  • 胆道狭窄 など

肝細胞性黄疸

肝細胞性黄疸とは、肝臓へ流入した間接ビリルビンを取り込めない

または、処理できないことによる

間接ビリルビンの増加

そして、処理しても胆汁へ変えることが出来ないまたは、排出できないことによる

直接ビリルビンの増加

間接ビリルビンと直接ビリルビンの両方が増加するパターンです。

ここまで理解できれば現場で使える知識になっていますよ。

たとえば

黄疸の症状がでて、Drに採血指示出されますよね?

このブログを読んだ後なら

その採血データの値から読み取ったビリルビンの種類で

黄疸の種類がわかります。

黄疸の種類がわかれば、肝臓が悪いのか

それとも、胆道のどこかで閉塞しているのか

ビリルビンのデータだけでわかる気がしませんか?

黄疸の治療

治療としては肝機能の回復や胆道の閉塞している原因を取り除くことになるます

閉塞性黄疸の治療

出口が閉じているため溜まってしまった胆汁を外に出す必要があります。

そのための外科的治療が

  • PTBD(経皮経肝胆道ドレナージ)
  • ENBD(内視鏡的経鼻胆道ドレナージ)
  • EBD(内視鏡的胆道ドレナージ) など

ようするに、胆道の代わりに外に出るための道をつくる方法です。

ちなみに胆汁は一日

0.5~1.2ml産生されるためチューブ管理するときの参考にしてください。

溶血性黄疸と肝細胞性黄疸は肝臓事態に障害があるため

その疾患を診断する必要があり、その疾患にあった治療が求められます。

掻痒感

症状はじめに書いたように

  • 尿が紅茶のように濃くなる
  • 便の色が白っぽい
  • 皮膚が黄色になる(黄染)
  • 掻痒感

この中でよく看護の現場では、掻痒感のコントロールが求められることが多いです。

体がずっとムズムズ痒かったら辛いですもんね

掻痒感の看護

  • 皮膚を清潔保つ
  • 重曹での清拭
  • 保湿し乾燥などの余分な刺激を与えない など

Drから軟膏や内服薬の指示があるかの確認が必要です。

なければ患者の状況を報告し指示を仰ぎましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか

  • ビリルビンの種類
  • 黄疸の種類
  • 黄疸の治療
  • 掻痒感の看護

について解説しました。

わかりにくい表現や間違いがあればコメントいただければ訂正いたしますのでよろしくお願いします。

現場の経験と疾患を両方を文章にするって思ったより難しいです。

これからも、頑張って書いていきますので次回もよろしくお願いします。m(_ _)m

ふみをフォローする
BentStudio

コメント

タイトルとURLをコピーしました