R-34 Z-tune再チャレンジ

GT-R34 Z-tune
GT-R34 Z-tuneプラモデル作品

前回紹介したGTR-34 Z-tuneにリベンジしたいと思います

青島のZ-tuneのキットは本当にかっこいい

でも、気になる点も多々あるので前回の反省をいかしてリベンジしたいと思います

前回の失敗例

接着面が粗くて遠目でもわかる

シートはマスキングテープを貼っていた一部が邪魔をして塗装出来ていなかった(左)

全体的に塗料が濃くてザラザラした塗装面。糸状になっている部分もある。

前回は塗装の前の下地処理もしてなかったし接着剤の種類も知らなかった。

タミヤのセメントとアロンアルフアで接着したので接着箇所が白く濁ってしまっている。

次回の制作時の注意点

  • 塗料は薄く吹く
  • 接着は塗装の前にできるだけ終わらせておく
  • ライトやガラス部分は白く濁らない接着剤を使う

次は同じキットを使って上記の注意点を意識しながら作ってみよう

ふみをフォローする
BentStudio

コメント

タイトルとURLをコピーしました